賃貸物件にとって収納力が大切なこと

賃貸物件にとって収納力が大切なこと
賃貸物件にとって収納力が大切なこと

家賃の安い賃貸物件について

家賃の低い賃貸住宅というのはよくあります。しかし、物件のオーナーからすれば、家賃が収入源であるだから、家賃は当然高く設定した方がもうかります。しかし家賃をあまり高くし過ぎると、今度は入居者が集まりづらくなってしまい、したがって、いわば仕様がなく家賃を低くしているということになります。

しかしもし物件のオーナーが自分の物件に自信があるならば、家賃は高くなる傾向にあります。自身があるというのは、たとえば新築のマンションなどは、家賃をかなり高く設定しても入居者は自然と集まってくるものです。したがって、そういう物件は家賃が高くなる傾向になるのです。それでは、家賃の低い物件というのは、往々にして入居者が集まりにくい物件であるという場合が多いということです。つまりそれは、物件のオーナーが自分の物件にあまり自信を持っていないということです。何故自信を持つことができないのかと言えば、それはたとえば築年数が古いといったような場合です。築古の物件は入居者から敬遠されます。あるいは駅から遠いと言ったような立地条件の悪さです。これも入居者から敬遠されます。そこで家賃を下げるのです。すなわち、家賃の安い物件というのは、それだけ良くない部分が多いということでもあるのです。

おすすめ!

Copyright (C)2018賃貸物件にとって収納力が大切なこと.All rights reserved.