賃貸物件にとって収納力が大切なこと

賃貸物件にとって収納力が大切なこと
賃貸物件にとって収納力が大切なこと

賃貸住宅は入居時から部屋の状態をよく見ておく

賃貸住宅はまず入居する当座から、気を付けておくべきことがあります。とりわけ賃貸住宅で問題になりやすいのが、退去時の修繕費用の分担であるわけですが、その退去時のことを考えて、入居時にいろいろと見ておくべきことがあるのです。退去時の修繕費用というのは、基本的に大家の入居者が話し合いをして、どちらがその修繕費用を支払うのかを決めます。もちろん、どちらか一方がすべて支払うと言ったような支払い方式ではなく、入居者の因に発するような部屋の汚れなどだけを入居者は修繕の責任を負うので、それだけを入居者は支払って、それ以外は大家が支払うというのがいちばん一般的でもあり、通常の修繕費用分配の仕方なのではないでしょうか。

ところで、どうして入居時から退去時のことを気を付けておくべきなのしょうか。それは前述のように、入居者は自分の責任で汚してしまった箇所のみ修繕の義務が生じます。しかし何人もの人が住んできた住居であったりすると、前の入居者が残した傷がそのまま残っているという場合もあるのです。現入居者、全入居者が残した傷まで修繕する義務はもちろんありませんが、それがどちらがつけた傷かわからないと言ったような場合、修繕費を請求されてしまうことがあるのです。だから初めに確認をして、修繕費を余計に払わされないようにしたいところなのです。

Copyright (C)2018賃貸物件にとって収納力が大切なこと.All rights reserved.