賃貸物件にとって収納力が大切なこと

賃貸物件にとって収納力が大切なこと
賃貸物件にとって収納力が大切なこと

カスタマイズ賃貸の可能性

賃貸住宅は、もはや供給過多に陥って久しいような状況であり、したがって空き家問題が顕在化しているのです。空き家というのは、もちろん賃貸住宅だけに限ったことではありませんが、しかし賃貸であろうが一般の家屋であろうが、空き家が増えることは決して地域にとって良いことではありません。

そこで、この空き家というのをどうにかしなければならないわけですが、カスタマイズ賃貸という新しい賃貸形式が、この空き家問題を解決する足掛かりになるのではないかと言われているのです。カスタマイズ賃貸というのは、要するに賃貸でありながら部屋の内装あるいは外観まで、入居者が自由に組み換えが可能であるということです。つまりリフォームが可能なのです。今までの賃貸住宅であれば、リフォームはもちろん大家の許可が必要でしたし、またリフォームをしたとしても、退去するときは元に戻さなければならないことが多かったのです。ところがカスタマイズ賃貸というのは、初めから部屋の内装を変更することを大家が許可しているのであって、しかも退去時も原状回復の義務が生じないのです。大家からすれば、部屋の内装を大胆に変更することもでき、入居者にとっては事由に内装の変更が可能であり、空き家に悩んでいるという場合はこのカスタマイズ賃貸を選んでみるとよいかもしれません。

おすすめ!

Copyright (C)2018賃貸物件にとって収納力が大切なこと.All rights reserved.