賃貸物件にとって収納力が大切なこと

賃貸物件にとって収納力が大切なこと
賃貸物件にとって収納力が大切なこと

賃貸物件ドアノブとドアの位置

賃貸物件の見学をする際に見ておきたいポイントがあります。和室の場合出入口が二つあるのは珍しくないですが、洋室でもドアを二つ設けている物件も見られます。この利点は将来洋室を二つに分けることを考えたときに分けやすいということです。例えばお子さんが二人いる家庭の場合、小さいうちは広い洋室で二人で使ってもらい、大きくなったら仕切り板を設置したり、壁をつけたり、収納棚を置いたりすれば一人部屋になるため、リフォーム費用があまりかからずに済みます。注意点は、ドアの位置によって部屋の区切り方が決まってしまうため、一方は窓があって光が入ってくるが、一方は窓が無くて暗いや日当たりもチェック。どちらも快適な部屋になるかの確認も必要です。

ドアノブの形では、丸いものは握力の弱い子供や高齢者は回すのに手間取る可能性があります。レバー式のハンドルの形は、軽く下に押せば開くため力が要りません。注意点としては、服のベルトや裾、バッグの取っ手やベルトがノブに引っ掛かり転んでしまったり、破けてしまったりすることがあるということです。内開きの室内ドアを壁面から奥に入っているような形にすることにより危険を減らす作りにしている部屋もあるようです。

Copyright (C)2018賃貸物件にとって収納力が大切なこと.All rights reserved.