賃貸物件にとって収納力が大切なこと

賃貸物件にとって収納力が大切なこと
賃貸物件にとって収納力が大切なこと

賃貸物件防犯センサー

賃貸物件を見学するときに注目しておきたい場所です。玄関ドアに防犯センサーがついていることがあります。ドアと枠に装置をつけて、ドアを閉めた状態でスイッチを入れておき、ドアを開けるとセンサーが反応して警報器音がなったり警備会社に連絡がいったりするものが多く見られます。窓では、ガラス戸と枠にセンサーをつけているものが多いようです。セットをすると誰が開けても反応して、音がなったり警備会社に通報がいってしまいます。寝る前にセットしてうっかり解除を忘れて、洗濯物を干すために窓を開けたら反応何てことに気を付けなければなりません。必要なときに入れて解除するという作業が必要です。

防犯センサーのセット方法はいくつかあり、玄関では例えば出掛ける時に作動させるタイプは、リビングにあるインターホン操作盤でセット作業をして、一分以内に玄関を出てドアを閉めると完了するもの。玄関鍵で作動するタイプでは、鍵を回して閉めてからさらに深く差し込んで鍵を回すとセット完了のものなどもあるようです。防犯センサーがあるから安心というわけにはいかず、自分で操作が必要なもの。しっかり使いこなしてこそ実力を発揮します。なので、自分の使い勝手が良いものをしっかり吟味して選びたいものです。

おすすめ!

Copyright (C)2018賃貸物件にとって収納力が大切なこと.All rights reserved.