賃貸物件にとって収納力が大切なこと

賃貸物件にとって収納力が大切なこと
賃貸物件にとって収納力が大切なこと

賃貸契約書の確認は必須

賃貸住宅に限らず、どんな場合でもできる限りはトラブルを回避したいものです。とりわけ賃貸住宅というのは、トラブルの火種となりやすいものがいろいろあります。その最たるものとして、敷金トラブルというものがあります。敷金というのは、基本的には退去時に返還されるべきものです。ところが、これが返ってこない場合があるのです。

敷金トラブルに陥りやすい人は、やはり契約書をあまり熱心に読んでいないという場合が多いです。本来返還されるべき敷金がどうして帰ってこないかと言うと、それは原状回復義務というものとかかわりがあります。しかし原状回復義務というのは、あくまで入居者の責任に帰する範囲のものにとどめられ、部屋の状態を元に戻さなければならないという類いのものではありません。生活していく中で不可抗力的についてしまった部屋の汚れや傷は、大家さんに回復の責任があるのです。ところが、契約書の中には、その特約によって、ハウスクリーニングには敷金を補てんするといったような事項が書かれていたりします。こういう特約をよく読まずに署名押印してしまったりすると、契約内容に承諾したということになり、そのため敷金の返還を請求できなくなってしまうことがあるのです。こうした事態に陥らないためにも、契約書はしっかりと確認しておきましょう。

Copyright (C)2018賃貸物件にとって収納力が大切なこと.All rights reserved.