賃貸物件にとって収納力が大切なこと

賃貸物件にとって収納力が大切なこと
賃貸物件にとって収納力が大切なこと

初期費用の安さだけで賃貸探しはすべきではない

初期費用を安くする、これは賃貸住宅でよく行われる、一種のキャンペーンのようなものです。初期費用というのは、敷金や礼金や仲介手数料のことを言いますが、もちろんこれらが安くなれば、賃貸探しをしている者にとって有利に働くことは事実です。初期費用というのは、場合によっては家賃の6か月分もかかると言われ、これをいかに安く済ませるかと言った部分も、賃貸探しには重要な要素です。

とはいえ、初期費用が安すぎるというのも、少し不安になるものです。本来、初期費用というのは、礼金や仲介手数料を除いて、入居者のためにある費用でもあるからです。たとえば敷金などは、入居者にもしものことがあった時のために、あらかじめ回収しておくお金なのです。要するに担保金であり、何も敷金まで大家の懐に入るわけではありません。家賃の滞納があったような場合には、この敷金から補填されるという仕組みを持った者なのです。したがって、礼金はそのまま大家の懐に入るものであるから別として、敷金まで無料にしている賃貸住宅がもしあったとしたら、それは少し警戒をした方が良いかもしれません。初期費用の安さだけで賃貸住宅を選ぶのは実はよいことではなく、やはり全体を見ながら賃貸探しというのはするべきなのです。

Copyright (C)2018賃貸物件にとって収納力が大切なこと.All rights reserved.