賃貸物件にとって収納力が大切なこと

賃貸物件にとって収納力が大切なこと
賃貸物件にとって収納力が大切なこと

賃貸住宅の徒歩分数は自分で確かめる

賃貸探しは、やはり自分の目で見てみなければ判断しかねる部分があります。とりわけ賃貸住宅でいちばん良く見るポイントとしては、駅から徒歩何分の立地にあるかということでしょう。しかしながら、この駅からの距離というのは、良く賃貸情報に載っている数字と実際とでは、大きく違ったりすることがあるのです。

とはいえ、駅からの距離というのは、その情報に載せる時の表示の仕方は、法律で決まっています。すなわち、徒歩1分=80メートルです。こうした基準に従って、徒歩何分かが決まってくるのです。しかしこれはあくまでも単純な距離を示したものに過ぎず、実際に歩いてみると、かなりの隔たりがあったりもするのが事実なのです。というのも、この徒歩1分に就き80メートルの計算は、あくまで標準的な速度で歩いた時の計算方式であり、実際に歩くことになれば、それ以外のさまざまな要素を加味しなければならないのです。途中で信号や踏切があれば、当然立ち止まらなければなりません。その分、徒歩分数はよりかかってしまうでしょう。それから坂道や階段があるかもしれません。この場合も、時間はより多くかかるはずです。こうして、諸条件によって少なからず分数は変わってきてしまうので、自分の足で確かめてみるのがいちばんなのです。

おすすめ!

Copyright (C)2018賃貸物件にとって収納力が大切なこと.All rights reserved.