賃貸物件にとって収納力が大切なこと

賃貸物件にとって収納力が大切なこと
賃貸物件にとって収納力が大切なこと

賃貸物件にとって収納力が大切なこと

賃貸物件は一人で探すこともできますが、不動産会社を利用することが一般的です。賃貸物件の管理者は、仲介手数料の支払いを避ける為に物件の前に公告のみ掲載している場合があります。そういった物件は地域を実際に歩いて探すしかありません。しかし、希に良い条件の物件が見つかる場合もあります。不動産会社を利用すればより多くの物件の中から気に入った物件をピックアップして、全て下見出来るので家探しがスムーズに行えます。

不動産会社を利用するのであれば、不動産会社を利用するからこそ得られるメリットを最大限活用することが大切です。まず、家賃交渉と仲介手数料の交渉をします。家賃交渉が出来る可能性があるのは閑散期です。4月以降は賃貸物件のニーズが激減します。つまり、4月には利用者と契約しなければ一年間は空室のままになってしまう可能性があります。管理者としては、少しぐらいなら家賃を下げても契約したいと考えています。そして、仲介手数料は不動産会社の料金設定によって変わります。法律では家賃1ヶ月分以上の仲介手数料を求めることは禁止されています。そして、本来は借主と不動産会社で相談して決めるので交渉の余地があります。どちらも深追いして無理に要求することは避けることが大切です。

Copyright (C)2018賃貸物件にとって収納力が大切なこと.All rights reserved.